【スポンサードリンク】-

 

⇒  たった7日間で飛躍的に歌が上手くなる練習方法はこちら

音域の広げ方

歌唱力

今回は、音域の広げ方を簡単に紹介しましょう。
たくさんの音域が出せるようになれば、それだけ表現の幅も広がりますね。

 

広い音域を出せるようにするためには、
まずその音を出している状態をしっかりとイメージすることが重要です。

 

目標とする音程を自分の歌声でイメージします。
このイメージがしっかりと想像できるようになると「なんとなく出せるんじゃないか」
という気持ちになってきます。

 

また、自分の声で歌っているイメージを想像するとき、
自然と一緒にのども動かしていると思います。

 

「声を出す」なんてことは、人間ならば当たり前にできることです。
イメージがしっかりとできていれば、自然とそのための動きもできるようになるのです。

 

 

声を出してイメージ

自分がまだ出したことがないような高い声を出すイメージするときには、
何でもよいので、「キエーッ」とか「キャーッ」とか
ありったけの奇声をだしてみてください。

 

その中で、高く出せるものがあれば、その感覚を憶えておくようにしましょう。
イメージの中でその感覚が再生できるようになれば、自然と音域は広がるでしょう。

 

(あまり変な声を連続して出すと、のどを痛めることになります。
無理をして声を出すことを続けないようにしましょう。)

 

歌ったり声を出すときには、のどにある声帯が震えて音を出します。
この声帯の動きには諸説ありますが、現在は低い声を出すときには
声帯が長い人のほうが有利だとされています。

 

背の高い人に声の低い人が多いのはこのためだとも言われています。
と言っても「歌うことに支障が出るほど低い音が出ない」ということはありません。
ある程度は、努力によって音域を広げることが可能です。

 

低い声をイメージするには、あくびをした状態を思い出しましょう。
その形のままのどを大きく広げて、深く息を吐き出すように「おぉ〜」と一声。
どうですか?低い声を出している自分が想像できるでしょう。

 

ただここで、歌うために大事なことは「どれだけの音域が出せるか」ではなく、
「どれだけの表現ができるか」ということを忘れてはいけません。

 

綺麗に音を出すことのできない音域の曲ならば、
キーを変えて歌うことを恐れてはいけません。

 

歌唱力

 

 

あくまでも例ですが「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と歌うことが難しければ
キーを2つ下げて「ラ・シ・ド#・レ・ミ・ファ#・ソ#・ラ」と歌えば良いのです。

 

原曲どおりに金切り声を上げて歌うよりも、
伸び伸びと歌いやすい音程で歌った方が、はるかに良い表現となるのです。
音域を広げる「上手さ」よりも、豊かに表現できる「心地よさ」を優先しましょう。


 

 

歌い方上達マニュアル売れ筋ランキング

 

 

歌唱力

7日間で歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」の特徴

TVオーディション番組『ASA○AN』「歌○タ」からデビューした□□、超有名アーティスト△△を指導したボイストレーナー不破氏の歌唱力アップメソッド!
ただの音痴改善プログラムではなく、プロに通じる『歌唱力』を身につけられるのが特徴で、インフォトップ音楽部門で月間1位! 自信があるからできる返金保障付き。

価格 15,800円
評価 評価5
備考 全額返金保証付き
 
 

歌唱力

ボイストレーナーが本気で作った音痴解消プログラム Kの特徴

WISE Vocal School柏校 チーフトレーナー鈴木智晴氏の音痴解消プログラム。音痴改善に重点を置いた、人気プログラムで多くの方から熱い支持! 返金保障付き。

価格 12,800円
評価 評価4.5
備考 返金保障付き
 
 

歌唱力

ボイスコーチ中山の音痴改善虎の巻の特徴

ボイストコーチ中山竜夫氏の音痴改善マニュアル。初級、中級、上級と、レベル別に分かれたレッスンで、今のあなたにピッタリのレッスンを受けられる! 人気上昇中の比較的新しいマニュアル。

価格 14,800円
評価 評価3.5
備考 返金保障付き