【スポンサードリンク】-

 

⇒  たった7日間で飛躍的に歌が上手くなる練習方法はこちら

声量を増やす

歌唱力

今回は、大きな声を出すことについてお話しましょう。
多くの人が誤解していることなのですが、怒鳴ったり、がなったりしても
実はあまり音量は増えていません。

 

声を出しているときの雰囲気から、大きな音量が出ているように見えますが
きちんとした姿勢で、お腹から声を出したほうが、声量は増えているのです。

 

また、どれだけ声量を増やすことができても
1曲の間中ずっと同じ調子で大声を出していたら何の意味もありません。

 

どんなに大きな声でも、一本調子では聴く側も慣れてしまいます。
逆にそれほど大きな声でなくても、曲の中でメリハリのある歌い方をすれば
聴いた人には、とても大きな声に聞こえます。

 

現代の音楽では、オペラや合唱などを除くほとんどの場面で
マイクを手にして歌います。
ですから、ある程度以上の声量は必要とされていません。

 

だからと言って、声量を増やすための努力が必要ないということではありません。
より大きな声が出せれば、それだけ小さな声とのメリハリが効くようになります。
その分だけ、あなたの表現力が増すことにもなるのです。

 

 

声量を増やす一番の方法とは?

声量を増す練習はたくさんあります。良くある例として「大声で笑う」
演劇の練習のように「ア・エ・イ・ウ・エ・オ・ア・ウ」を繰り返す。
などがあります。

 

しかし、どんな方法よりも効果的なのは「好きな歌をひたすら歌う」ことです。
そのときに、できるだけ大きな声を出すように心がける。
それだけで十分に声量を増やすことができます。

 

そのときに注意しなければいけないのは、"正しい姿勢"と"のどを開くこと"です。
最初にも言いましたが、無闇に怒鳴りたてても、音量は上がりません。
しっかりとお腹から声を出し、のどからスムーズに発声させましょう。

 

歌唱力

 

 

また、大きな声を出そうとすると、どうしても"息を吐く"ことに集中しがちです。
しかし、それと同じくらい"息を吸う"ことも重要なのです。

 

大きく息を吸い込むことができれば、
その分だけ大きく、長く息を吐くことができます。

 

歌唱中の息は、できれば鼻から吸うことが望ましいです。
鼻から吸うことで空気に湿気が加わり、のどが乾燥することを防ぐからです。
また口から息を吸うと、どうしても呼吸音が大きくなってしまいます。

 

息を吸うときは、お腹の中に風船があるイメージを持ちましょう。
その風船を膨らませるようなイメージで、たっぷりと吸い込みます。

 

歌唱力

 

 

逆に吐き出すときは、その風船を少しずつお腹の力でしぼませるイメージです。
このイメージを持つことができれば、腹式呼吸もスムーズに行えるようになります。


 

 

歌い方上達マニュアル売れ筋ランキング

 

 

歌唱力

7日間で歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」の特徴

TVオーディション番組『ASA○AN』「歌○タ」からデビューした□□、超有名アーティスト△△を指導したボイストレーナー不破氏の歌唱力アップメソッド!
ただの音痴改善プログラムではなく、プロに通じる『歌唱力』を身につけられるのが特徴で、インフォトップ音楽部門で月間1位! 自信があるからできる返金保障付き。

価格 15,800円
評価 評価5
備考 全額返金保証付き
 
 

歌唱力

ボイストレーナーが本気で作った音痴解消プログラム Kの特徴

WISE Vocal School柏校 チーフトレーナー鈴木智晴氏の音痴解消プログラム。音痴改善に重点を置いた、人気プログラムで多くの方から熱い支持! 返金保障付き。

価格 12,800円
評価 評価4.5
備考 返金保障付き
 
 

歌唱力

ボイスコーチ中山の音痴改善虎の巻の特徴

ボイストコーチ中山竜夫氏の音痴改善マニュアル。初級、中級、上級と、レベル別に分かれたレッスンで、今のあなたにピッタリのレッスンを受けられる! 人気上昇中の比較的新しいマニュアル。

価格 14,800円
評価 評価3.5
備考 返金保障付き