上手くなるために

「歌が上手くなりたい」そう思っていても、
歌が上手くなるためには具体的にどんなことをすれば良いのか
よく分からないという人は多いです。

 

ここでは、そんなあなたのためにどうすれば歌う力をつけることができるのか。
表現力をアップして、魅力のある歌手になる。
歌が上手くなるために必要な練習方法や手段をたくさん紹介していきます。

 

上手くなるために記事一覧

「歌が上手くなりたい、歌唱力をアップしたい。」歌うことが好きな人は、皆そう思っていることでしょう。しかし、具体的にどんなことをすれば良いのか分からない人も多いですよね。そもそも「歌唱力とは何なのか?」あらためて考えてみると、実はよく分からない。正確な音程で歌うことができれば良いのか?リズム・キープが完璧ならば良いのか?声が大きかったり、高い声が出れば良いのか?たしかに、それでも「歌が上手い」とは言...

あなたが歌を歌うとき、最初にすることはなんでしょうか?勢いにまかせて、いきなり歌いだすかもしれません。入念に準備運動をしてから、徐々に声を出していくかもしれません。どんな歌い方をしても、それは自由です。しかし、正しく、スムーズな歌い方を求めるならばまず最初に、歌うための姿勢を作りましょう。ただ歌うだけならば、どんな姿勢でもできます。しかし、自分の歌声を無駄なロスなく、気持ちよく出すためには姿勢を良...

歌う姿勢の準備ができたら、いよいよ発声してみましょう。発声するときに必ず行うのが呼吸です。歌唱時に理想とされるのは「腹式呼吸」と呼ばれる呼吸です。腹式呼吸は、文字通りお腹を使った呼吸です。歌っている最中でも、肩だけを上下させて呼吸している人がいますがそれでは腹式呼吸にはなりません。腹式呼吸は、胸とお腹の境い目にある"横隔膜"を使用した呼吸法です。図で説明すると上のようになります。腹式呼吸をマスター...

歌が上手くなるためには、日々の練習は欠かせません。ただがむしゃらに歌い続けるだけでも、効果はあるかもしれません。しかし、それだけでは効率良く上手くなることはできません。それどころか、無理な練習は喉を壊してしまったり、最悪の場合、ポリープができてしまうこともあります。のどを傷めない歌い方まず最初に、歌うときの喉の使い方を知っておくことで効率よく練習を進めることができるようになります。上の絵は、喉の声...

「歌うときには、お腹から声を出す」と言いますよね。具体的には、お腹のどこに力を入れたら良いのでしょうか?よりお腹に力が入るように、ひたすら腹筋を鍛える人もいます。歌うためのエクササイズとして、それは本当に正しいのでしょうか?より大きな声を出し、安定した音を出すためには、"腹圧"を高める必要があります。腹圧とは、読んで字のごとく、お腹にかかる圧力のことです。腹式呼吸のときに、お腹を引っ込めたり出した...

練習を続けていても、なかなか上手くならないという場合、喉だけで発声しているいわゆる"のど声"の状態になっている可能性があります。お腹から声を出す理想的な歌声ではなく、喉だけで発声をコントロールしようとするのど声では、うまく歌うことができません。歌唱力を上げるためには、のど声の癖を直さなければいけません。声がかすれてしまったり、息がもれてしまうのど声では、高音が出しにくく、綺麗に響かせることができま...

歌が好きな人がもっとも悩んでいることは、"音程が合わない"いわゆる"音痴"という状態ですね。残念ながら、医学的に上手く音をとらえることができない人もいます。しかし大半の場合、単に音程を合わせることができないだけの状態だと思います。この場合は、単純に音感をUPさせることができれば直すことができます。曲の音程をとらえるにはまず"曲に対して上手く音程を合わせることができない"という人の多くはただ単に、曲...

今回は、リズム感をトレーニングする方法を紹介しましょう。リズム感をものにするためには、体にリズムを刻み込んでしまう必要があります。ノリやグルーブだけでリズムを作ろうとすると、どうしても狂いが生じます。リズムを"ずらす"ことができるのは、正確なリズムが身についている人です。まずは、機械のように正確なリズムを身につけましょう。メトロノームでリズム感アップそこで必ず必要となるのが、メトロノームです。何ら...

今回は、音域の広げ方を簡単に紹介しましょう。たくさんの音域が出せるようになれば、それだけ表現の幅も広がりますね。広い音域を出せるようにするためには、まずその音を出している状態をしっかりとイメージすることが重要です。目標とする音程を自分の歌声でイメージします。このイメージがしっかりと想像できるようになると「なんとなく出せるんじゃないか」という気持ちになってきます。また、自分の声で歌っているイメージを...

きちんとした音程を身につけるためには、正確な"聞く力"を鍛える必要があります。ものを聞く力と、言葉を発する力は密接に関係しています。ひたすら歌う練習だけしていも、なかなか上手くならない人は聞く力の方に問題があるのかもしれません。聞く力を鍛えて"耳の偏差値"を上げることができれば自然と歌う力も上昇するのです。聞く力=耳の偏差値が低いと、メロディーのひとつひとつの音符をきちんととらえることができず、曖...

今回は"口パク"についてです。そんなの、歌の練習に関係ないんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。ここで言う口パクとは、本番でズルをするようなものではなく、一種のイメージトレーニングとなるものです。「歌の練習をしたいけれども、家が大きな声を出せるような環境でない。」「のどを使いすぎてしまったので、少し休ませたい。」というときにはいわゆる"エア・ボーカル"と呼ばれる口パクトレーニングがおすすめで...

歌が上達するために、ひたすら練習を続けることも大事です。それと同時に、客観的に自分の歌を見つめることも重要です。客観的に今の自分の良いところ、悪いところが分かっていれば良い部分を伸ばし、悪い部分を修正することができます。闇雲に練習を続けるよりも、より効果的に上達することができるのです。自分の歌声をチェック客観的に自分の歌を見つめる最も良い方法は、自分の歌を録音して聞くことです。録音してからまずチェ...

今回は、大きな声を出すことについてお話しましょう。多くの人が誤解していることなのですが、怒鳴ったり、がなったりしても実はあまり音量は増えていません。声を出しているときの雰囲気から、大きな音量が出ているように見えますがきちんとした姿勢で、お腹から声を出したほうが、声量は増えているのです。また、どれだけ声量を増やすことができても1曲の間中ずっと同じ調子で大声を出していたら何の意味もありません。どんなに...

聞いている人を感動させる歌をうたうためには、豊かな感情表現が必要になるということは言うまでも無いことでしょう。豊かな感情表現のために、"ブレス"と"ダイナミクス"この2つの要素を、ダブルでコントロールできなければいけません。ブレスのポイント歌唱中、どうしても息を吐くことだけに意識が集中しがちですが、息を吸うことも、それと同じくらい重要なのです。どんなに短い曲でも、一度も呼吸をしないで歌うことは不可...

歌い方上達マニュアル売れ筋ランキング

 

 

歌唱力

7日間で歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」の特徴

TVオーディション番組『ASA○AN』「歌○タ」からデビューした□□、超有名アーティスト△△を指導したボイストレーナー不破氏の歌唱力アップメソッド!
ただの音痴改善プログラムではなく、プロに通じる『歌唱力』を身につけられるのが特徴で、インフォトップ音楽部門で月間1位! 自信があるからできる返金保障付き。

価格 15,800円
評価 評価5
備考 全額返金保証付き
 
 

歌唱力

ボイストレーナーが本気で作った音痴解消プログラム Kの特徴

WISE Vocal School柏校 チーフトレーナー鈴木智晴氏の音痴解消プログラム。音痴改善に重点を置いた、人気プログラムで多くの方から熱い支持! 返金保障付き。

価格 12,800円
評価 評価4.5
備考 返金保障付き
 
 

歌唱力

ボイスコーチ中山の音痴改善虎の巻の特徴

ボイストコーチ中山竜夫氏の音痴改善マニュアル。初級、中級、上級と、レベル別に分かれたレッスンで、今のあなたにピッタリのレッスンを受けられる! 人気上昇中の比較的新しいマニュアル。

価格 14,800円
評価 評価3.5
備考 返金保障付き